空気清浄機の仕組みとは

空気清浄機の仕組みとは

 

 

部屋の中の空気には目に見えないホコリなどが舞っています。
そのホコリなどを知らないうちに体内に吸い込んでいるのです。
こうしたことは空気清浄機を使用することで防ぐことができます。

 

 

 

空気清浄機とは、空気中に浮遊している、細かい粒子やニオイなどを取り除いてくれます。
空気清浄機の構造はフィルタやパネル、ファンや脱臭フィルタなどで構成されているものが多くあります。
空気清浄機の中にあるファンが空気を吸い込み、吸い込んだ空気に含まれるホコリや花粉なども取り除いてくれます。

 

 

 

最近の空気清浄機は、高圧放電によって空気中にあるホコリなどを帯電させ、集塵フィルタに捕集するものが多くあります。
ハウスダストやダニの死骸、タバコのニオイやペットのニオイなども取り除けるものもあります。
しかし各メーカーが定めた使用方法を行わなかった場合、ホコリやニオイなどが取り除けないことがありますので、正しい方法で使用して空気をキレイにしましょう。